トップ

汗をかいて体臭を防ぐ

汗をかかないと体臭がひどくなる

体臭がひどくなる原因と理由とは

オフィスで働く女性にとっては、汗をかくよりもかかない方がスマートで涼しげに思えます。服が汗で濡れる不快感が無いし、メイクも崩れにくいかもしれません。けれども実際は、汗をかかないと体温のコントロールができなかったり、免疫力や代謝機能が低下するなどのトラブルを招きます。特に気になるのは「体臭の悪化」です。

人間の汗は水分と、塩分などのミネラルで作られています。正常な汗であれば水分は熱と共に体外へ放出されますが、ミネラルは汗腺から体内へ再吸収されます。皮膚に残るのはほぼ水分だけなので、サラサラしているのです。ところが普段から汗をかいていないと汗腺が衰えてしまい、ミネラルが排出されたままになって汗がベタつくのです。

ミネラルを豊富に含んだ汗は、皮膚上にある雑菌の餌になったり、皮脂と混じり合います。さらに代謝機能の落ちた体は有毒物質や動物性脂肪が十分に分解されず、腸内で発生した腐敗臭が血液を通して運ばれ、汗腺から排出されます。これらの相乗効果により、体臭を悪化させるのです。

このような、汗による体臭改善にはサプリメントが効果的です。クロロフィルやシャンピニオン、渋柿、ローズエキスなどを配合して、体臭を消したりカバーできるからです。汗だけでなく、加齢臭や口臭も改善してくれます。汗は放置するほど悪臭へ変化するので、濡れたタオルでこまめに拭くのも効果的です。合わせて制汗剤を使って殺菌し、汗の量を抑えておきましょう。

けれども汗腺の機能を回復して正しい汗をかけるようにならないと、こうした悪臭の問題を根本から解消できません。放置したままでは体にも良くないでしょう。たとえ服が濡れても、メイクが崩れても汗は必要な時にかくべきなのです。