• トップ

都市と地方の違いとは

地方の弁護士の傾向について

LINEで送る

近年の弁護士の情勢について

弁護士というと、しっかりとスーツを着て都会的なイメージを持つという人は多いでしょう。しかし、法のトラブルを解決するという需要は、都会だけでなく地方にも当然あります。司法試験に合格して弁護士を志す人は、どこに就職を求めていくか。これは、基本的に東京や大阪といった都市圏で働こうと考える志望者が多いです。考えられる理由としては、まず、弁護士事務所の求人の数の違いです。地方に比べると、都市の方が求人の数も多く、また、弁護士の需要もあります。地方で働くことを考えるにしても、まずは、都市で仕事の経験を積んでからと考える人が多いようです。また、大きい弁護士事務所も都市ではいくつか見られます。そして、都会と地方では、弁護士の働き方にも違いが見られます。地方では、需要が少ないこともあり、専門的な仕事だけではなく幅広い実務が求められます。地域に密着して、なるべく業務を手掛けていくことが求められます。都会では、競争が激しいこともあり、専門性を高めることが求められます。業務のなかでも、得意な領域をつくり、そこの専門になることで仕事をとっていけることになります。弁護士事務所を開業するか、都会で大手事務所に勤めるか、といった選び方もあります。

 

↑PAGE TOP