• トップ /
  • 税理士と相続税の関係とは

税理士と相続税の関係

地方の弁護士の傾向について

LINEで送る

税理士になるなら相続税が必要?

税理士として働きたいのであれば、法人税、所得税、消費税、相続税の4つの税法を理解している必要があります。税理士試験では、これら全てを取得しなくても合格できますが、実務では法人税、所得税、消費税は避けて通れない内容であり、知識が不足していると業務を行う事ができません。また、相続税は基礎控除額が引き下げられ、課税対象者が増加した事もあり、申告業務は増加する傾向にあります。仮に申告業務を行わない場合であっても節税の相談を受けるケースが多いので、こちらも理解していなければ業務に差し支えます。

 

↑PAGE TOP